進栄の取組 Our Approach to Improvement

ホーム > 進栄の取組

進栄の取組みについて

~作業環境作り~

月に1度、生産能力向上を目的とし会議を行います。生産工程・改善点等を話し合い、より良い環境で作業できるよう取り組んでいます。
就業前に朝礼を行います。
作業員の体調管理や作業内容の指示、事故や怪我を未然に防止し、連携を図り効率よく円滑に作業するよう呼びかけています。

~外国人研修生受入事業~

日本の空調技術をアジアで伝えたいという思いから外国人研修生の受け入れをさせていただいています。まずは語学力を高めてもらうために初期からのプログラムを組み、同時にダクト製作の基本や技術を学んでいます。

~問題点改善~

現場では日々の仕事の中での疑問点や問題点を常に話し合い、各部署での会議で改善していくプログラム作りをしています。

~仲間として~

入社時に配布されるダクトテキストを用いて基礎的な知識を基本に現場での日々起こる疑問等を話し合い、勉強することで作業員のチーム意識を高め個々のレベルアップを図っています。

~プロ意識を持って~

一人一人がプロ意識を持って仕事ができるように板金技能士の資格取得を一つの目標とし定期的に技能士講習会を会社内で行っています。

建築板金技術試験(ダクト)
平成26年6月 1級1名合格
平成27年6月 1級1名・2級2名 合格
平成28年6月 1級1名・2級1名 合格
平成29年6月 1級1名 合格

~見積納期短縮~

問題点改善の一つの例として見積りの期日短縮に取り組みました。今では女性スタッフがCADや見積り材料の拾いだしを即対応しています。

~研修旅行~

従業員にも海外の様子や海外経済の事などを知る機会とベトナム人研修生の里帰りを兼ねた研修旅行を企画しております。その中で現地の日本語学校にお邪魔させていただき、日本に来て働く事を目標に頑張っている生徒の方達との交流を経験し実際に見て感じてもらう事を目的としています。